中島みゆき 夜会で「人生初」ウエディングドレス

[ 2013年11月22日 05:30 ]

「夜会工場」が、22日から始まる中島みゆき

中島みゆき(61)の音楽劇「夜会」の総集的作品「夜会工場」が、22日から東京・赤坂ACTシアターで始まる。中島は最終リハーサルを取材陣に公開し「計17作品やってきた夜会のおいしいところをつまみ出したら“別な子”が生まれちゃった感じ。夜会の入門編」と説明した。

 夜会は中島が主演、構成、演出、脚本、音楽の全てを手掛け、89年にスタート。言葉の可能性を追求した「実験劇」といわれ、年末恒例のライフワークになっている。

 夜会工場は、これまでの作品の名曲群を年代順に再現。衣装もドレスからメイド服まで計15着を披露。純白のウエディングドレス姿もあり「なんと人生初。(今後も)無いかもしれないので、親を喜ばせるため一回着ておこうかと」と大笑い。デビューから38年間走り続けてきた原動力は「いつも完全には満足しきれない“足んない感”かな。100%満足した時には、突然ウエディングドレスで寿退社かしら!ワッハッハ」と笑い、コスプレも楽しめるテーマパーク的な実験劇を楽しんでいる様子だった。

 同所で25日まで。12月に福岡、愛知、大阪で上演する。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年11月22日のニュース