島倉千代子さん遺作 12月18日発売…死去3日前に録音

[ 2013年11月22日 05:30 ]

12月18日にシングル発売されることが決まった、島倉千代子さんが亡くなる3日前に吹き込んだ新曲「からたちの小径」のジャケット

 8日に肝臓がんのため死去した歌手の島倉千代子さん(享年75)が、亡くなる3日前に吹き込んだ新曲「からたちの小径」がシングルCD化され、12月18日に発売されることが決まった。

 14日に東京・青山葬儀所で営まれた葬儀・告別式で流された曲。葬儀後から所属レコード会社の日本コロムビアにファンから「発売しないのか」と問い合わせが殺到。21日までに1000件以上に上り、同社はファンの声に応える形で緊急発売することを決めた。同社は「島倉さんを愛していただいている皆さんに、一日でも早くお届けすることで、島倉さんのお気持ちをお伝えし、ファンの方々への恩返しとできれば」としている。

 同曲は南こうせつが作曲し、南と喜多條忠氏が作詞。ジャケットには遺影に使われた写真を使用した。カップリングにはデビュー曲「この世の花」を収録している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年11月22日のニュース