古川雄輝 舞台初主演!「とてもうれしく光栄」

[ 2013年11月22日 05:30 ]

「俺達の明日」で舞台初主演する古川雄輝

 若手俳優の古川雄輝(25)が舞台で初主演する。「俺達の明日」(脚本・演出岡本貴也)で来年1月10~19日、東京・新宿の紀伊国屋ホールで上演する。EXILE眞木大輔(38)の主演で、来春公開される同名映画の舞台版。

 古川は今年、CSフジの主演ドラマ「イタズラなKiss」がアジア圏で大ヒット。上海で日本人俳優初のファンミーティングを開き、中国語版の写真集が1万部以上売れるなど大ブレーク中。舞台は「家康と按針」の英公演などに出演し、高い評価を得た。「初めての舞台主演で、とてもうれしく光栄。今までやってきたことを生かし、思いっきり演じたい」と張り切っている。

 舞台はどん底の人生を歩む8人の男の物語で、古川は超一流の泥棒・不動龍役。最後の仕事として、願いをかなえる「伝説の金貨」を盗みに入る。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年11月22日のニュース