医龍4 朝田の敵役に高橋克典「一筋縄ではいかないくせ者に」

[ 2013年11月22日 15:47 ]

チームドラゴンに強力な“敵役”が登場!高橋克典は「完璧な朝田(坂口憲二)に何とかミスを生じさせたい」と意気込む

 3年ぶりに復活する人気ドラマ「医龍4」(来年1月スタート、木曜後10・00)に俳優の高橋克典(48)の出演が決定した。主演の坂口憲二(37)が演じる天才心臓外科医・朝田龍太郎の敵役として登場。ふたりの共演はドラマでは初めてとなる。

 「“医者もの”は避けていたという高橋だが、人気シリーズで坂口の敵役とあって「ぜひやらせて頂きたい」と快諾。謎の過去を持つ経営コンサルタント・岡村征(おかむらただし)役として朝田率いる「チームドラゴン」と対峙する。インドに日本の高度医療を展開する目的で金や名誉で動かない彼らをあらゆる手段を使い懐柔する。

 高橋は役柄について「一筋縄ではいかないくせ者にできたら」と意気込み。ドラマで初共演となる坂口からは「思い切り暴れて下さい」とアドバイスを受けたといい、「完ぺきな朝田に何とかミスを生じさせたい、ひずみを作りたい」と語った。

 最大の難所は「医療用語」という。「なるべく避けて通りたいですが、欠落すると『放送事故的に見えるのではないか?』と危惧していて」と冗談を交えて話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年11月22日のニュース