活動休止発表の「ET―KING」エイズ予防啓発呼びかけ

[ 2013年11月22日 05:30 ]

 HIV、エイズの予防啓発を呼びかける「レッドリボンライブ」が21日、初めて大阪で行われ、活動休止を発表したばかりのヒップホップグループ「ET―KING」らが出演した。

 HIV、エイズの予防啓発を呼びかける「レッドリボンライブ」が21日、初めて大阪で行われ、活動休止を発表したばかりのヒップホップグループ「ET―KING」らが出演した。

 おなじみの法被姿でステージに7人が登場すると、満員の客席は総立ち状態で「晴レルヤ」などを披露。最後はヒット曲「愛しい人へ」を、相川七瀬(38)らこの日の出演者全員でジョイント。ステージでは活動休止についてコメントしなかったが、ET―KINGは8日、「グループとしての活動を見直したい」と来年4月29日のツアー最終日での活動休止を発表した。なお、この日のライブは12月23日午後8時からMBSラジオで放送される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年11月22日のニュース