広田レオナ シングルマザーだった…極秘出産、極貧生活を告白

[ 2013年9月24日 22:00 ]

シングルマザーだったことを明らかにした広田レオナ

 女優の広田レオナ(50)が24日放送の日本テレビ「解決!ナイナイアンサー」(火曜後9・00)に出演。かつてシングルマザーだったことを明らかにした。

 24歳の時、妊娠。お相手は医大生。1987年、2時間ドラマ「あなたに似た人」に出演した時には妊娠5カ月だった。

 いよいよ隠し切れず、所属事務所に打ち明けたが、女優絶頂期。「産んでくれるな」と言われ、両親からも「産むなら勘当」。しかし「誰にも言わずに」極秘出産したという。

 88年4月に結婚し、男児を出産。だが、新生活は3年で破綻。「いつの間にか、お金も彼もいなくなっちゃった」。シングルマザーとして女優復帰を目指したが、戻る場所はなかった。家賃を何カ月もため「生まれて初めてベビーカーを盗もうと思いました」というほどの極貧生活を送った。スーパーマーケットの試食を食事代わりにもした。

 それでも「つらいんだろうけど、楽しかったです。すごく幸せでしたね」と回顧。息子は成長し、俳優・広田雅裕としてドラマ「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」(2006年)などに出演。現在は映画の裏方として修業を積んでいる。

 以後、広田は94年に俳優の吹越満(48)と結婚。2005年に離婚したが、昨年、復縁・再婚し、話題となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年9月24日のニュース