中村勘九郎「父が生きていたら“自分が出たい”と言うと思います」

[ 2013年9月24日 06:00 ]

 歌舞伎俳優の中村勘九郎(31)が23日、都内で、主演の舞台「さらば八月の大地」(11月1~25日、東京・新橋演舞場)の製作発表に出席した。

 戦時下の満州映画撮影所で国境を超えて映画に夢をかけた人々の物語。映画監督の山田洋次氏(82)が演出を担当。勘九郎は「父が生きていたら、“自分が出たい”と言うと思います」と期待を寄せた。共演はタッキー&翼の今井翼(31)ら。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年9月24日のニュース