「半沢直樹」原作者「圧倒的な熱量を放つ、素晴らしいドラマ」

[ 2013年9月24日 19:35 ]

 最終回の平均視聴率が42・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したTBS系のドラマ「半沢直樹」について、原作者の池井戸潤さんが24日、「圧倒的な熱量を放つ、素晴らしいドラマでした」とするコメントを、TBSを通じて発表した。

 原作は小説「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」。池井戸さんは「私はただ原作を提供しただけですが、見応えのあるエンターテインメント作品に仕立てていただき感謝しています」と感想を述べた。

 さらに「脚本は一切読まず、一視聴者として毎週楽しませていただいた」としてキャストやスタッフの労をねぎらった。

 TBSの伊与田英徳プロデューサーも「キャスト、スタッフ一丸となって頑張った結果、このように多くの方にご支持いただき、大変うれしく思います」とコメントを出した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年9月24日のニュース