「平成ノブシコブシ」の徳井 ラクダから落ちて骨折

[ 2012年1月11日 11:04 ]

 フジテレビは11日、インドでバラエティー番組の収録中に、お笑いコンビ「平成ノブシコブシ」の徳井健太(31)がラクダから落ちて肋骨を折るなど、全治約3週間のけがをしたと発表した。

 同局によると、収録は6日。徳井はレースに出場するためラクダに乗る練習をしていたが、ラクダを止めようとした際に体勢を崩して落下した。

 単発の番組で放送日は未定。フジテレビは「今後このようなことが起きないよう、より徹底した安全管理に努めたい」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2012年1月11日のニュース