渡哲也、小林旭沈痛 後輩・中尾彬「素晴らしい俳優」

[ 2012年1月11日 06:00 ]

<二谷英明さん通夜>弔問に訪れた渡哲也

二谷英明さん通夜

 二谷さんへ最後の別れをするため、大物俳優が次々と弔問に訪れた。

 渡哲也は神妙な表情のまま足早に、小林旭は口を真一文字に結んで入っていった。後輩の中尾彬(69)は「社会的な映画でも素晴らしい演技をする俳優でした。僕もそういう俳優を目指していたが、極道しかできなかった」と唇をかんだ。

 同じく日活の後輩で66年公開の映画「東京流れ者」などで共演した松原智恵子(67)は「怒った顔を一度も見たことがなかった」。また、喪主を務めた白川の東宝の先輩にあたる司葉子(77)は「石原裕次郎さんとは違ったタイプの二枚目でした」。弔問客に対して気丈に振る舞う白川に対して「しっかりしてね」と励ましの言葉を掛けていた。

 秋野暢子(54)は映画「片翼だけの天使」(86年)で初めてのベッドシーンのパートナーだったといい「とても優しくしてくれた。私が賞をいただいた時には自分のことのように喜んでくれた」と大粒の涙をこぼした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2012年1月11日のニュース