篠田麻里子 AKB初のハリウッド進出「息づかいまで合わせないとできない」

[ 2012年1月11日 09:00 ]

ハリウッド映画「TIME/タイム」で日本語吹き替えを担当した篠田麻里子
Photo By スポニチ

 「AKB48」の篠田麻里子(25)がジャスティン・ティンバーレイク(30)主演のハリウッド映画「TIME/タイム」(アンドリュー・ニコル監督、2月17日全国公開)で日本語吹き替えに挑戦していることが11日、わかった。

 篠田は昨年、短編アニメ「紙兎 ロペ」で声優に初挑戦した篠田にとってハリウッド映画の日本語吹き替え声優はもちろん、これが初挑戦。「AKB48」の中でも初めてのハリウッド進出を果たすことになる。

 篠田も「ハリウッド映画の吹替えは初めてだったので、ほとんどすべてのシーンが難しかったです。喋り出すタイミングや(役者の)息づかいまでピッタリ合わせないとできない大変な作業でしたが、精一杯がんばりました」と仕上がりに自信を見せている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年1月11日のニュース