今最も輝く25歳 篠田麻里子が選ばれたワケ

[ 2012年1月11日 09:07 ]

ハリウッド映画「TIME/タイム」で日本語吹き替えを担当した篠田麻里子

 「AKB48」の篠田麻里子(25)がジャスティン・ティンバーレイク(30)主演のハリウッド映画「TIME/タイム」(アンドリュー・ニコル監督、2月17日全国公開)で日本語吹き替えに挑戦していることが11日、わかった。

 人口増加を抑制するため人類は26歳以後は時間を買わなければ生き続けられない社会になっていた――。老化遺伝子の除去方法が発見されたことで生まれた時間格差社会を描く近未来アクションサスペンス。

 「すべての人類は25歳で成長が止まる」という映画の設定から“今最も輝く25歳の女性”として抜てきされたという篠田。ヒロインの・シルビア役を担当し、初めてとは思えない堂々とした演技を見せたという。

 同作では、篠田の顔にモザイクをかけた特別ポスターのビジュアルやヒントから声優の正体を当ててもらうという「日本で最も輝く25歳を当てろ!キャンペーン」を公式サイトで10日まで実施していた。

 応募総数も1000通を超え、与えられたヒントが(1)現在25歳、(2)国民的な人気を誇る女性、(3)強く握ったコブシが念願のNo.1を獲得の3つだったことから、“篠田なのでは?”とネット上などで話題となっていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2012年1月11日のニュース