受験生の母 菊池桃子 役目はバッチリ「忍者のようにサッと」

[ 2012年1月11日 12:29 ]

イベントに登場した刈谷友衣子(左)と菊池桃子

 女優の菊池桃子(43)が11日、都内で行われた14日に迫ったセンター試験直前に全国の“受験生のお母さん”を応援しようというイベント「ネスレ キットカット ママ活ゼミナール」に、“尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏(65)、女優の刈谷友衣子(15)らと登場した。

 長男が高校受験という菊池は「息子にかける言葉が難しい」と母としての苦労を口にするもクイズ形式のセミナーではしっかりと全問正解。優秀なママっぷりを披露した。

 受験生の息子には「特別なことはしていない」と菊池。「男の子ですし、思春期なので、余計な言葉はかけずに、母親としての役目だけは果たそうと忍者のように夜食をサッとおいています。それだけでも愛情は伝わるかなって。(当日も)お母さん笑わせてくれるよなって、そんなお弁当は作りたいです」とママの顔を見せた。

 息子の将来については「まだ中学校3年生なので、本人の夢もコロコロ変わるんです。いろいろな可能性を秘めていると思うので、本人が何か決めたら応援したい。本人は現時点では、決まってないと言ってますね」と話した。

 一般の受験生のママ、24名が招待されたイベントでは、菊池が監修したオリジナル受験応援弁当も披露され、この春に高校を受験する刈谷にプレゼントされた。菊池も「開けた時に緊張感がほぐれるように、思いっきりスマイルを作って、何これって笑ってくれるんじゃないかと考えました」とPR。オリジナル弁当は12日から15日までの4日間、1日10食限定で東京・原宿のカフェ ネスカフェ原宿で販売される。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2012年1月11日のニュース