×

幸せスクープ!阪神・岩崎「結婚することができてよかったです」 お相手は一般女性 昨年婚姻届提出

[ 2022年1月8日 04:00 ]

昨年結婚していたことが分かった阪神・岩崎
Photo By スポニチ

 阪神の岩崎優投手(30)が一般女性と結婚していたことが7日、分かった。昨年、婚姻届を提出。多くを語ることはなく本紙に「結婚することができてよかったです。」と“らしさ”あふれるコメントを一言だけ寄せた。

 私生活に変化があっても、心意気は何も変わらない。昨年、登板後に「0点に抑えることができて良かったです。」と発信し続けたように、今季も目の前の打者を打ち取るという唯一無二のミッションを淡々と遂行していくだけだ。家族が増えても“平常運転”を継続し、打者を抑えることだけに徹する。

 年末年始は静岡で同郷の後輩・高橋、佐藤蓮と連日トレーニングに励み、今月中旬には例年通り沖縄で梅野らと合同自主トレを敢行する予定。3月25日の開幕へ向けてゆっくりとギアを上げていく。昨春はキャンプ中にコンディションが低下したこともあり日本人投手では唯一、実戦登板を経ずに打ち上げた。オープン戦登板も1試合のみで実戦不足は明らかだった。シーズン2度目の登板となった4月1日の広島戦で31球を投げた後、肩と肘に強い張りが出て翌日の中日戦には登板できずチームは8回に逆転を許し敗れた。「今年はああいうことがないように。オープン戦で1度しっかり張りを出して開幕に臨まないといけないことが分かったので。今年はそのあたりを意識して」。

 結婚したから…と気負うことはない。ブルペンの「柱」の自覚を強くして臨む1年。マウンドで残す結果だけにこだわり腕を振る。

 ◇岩崎 優(いわざき・すぐる)1991年(平3)6月19日生まれ、静岡県清水市(現静岡市清水区)出身の30歳。清水東3年夏の静岡大会は2回戦敗退。国士舘大を経て13年ドラフト6位で阪神入り。14年4月2日の中日戦にプロ初登板勝利。17年から救援に転向し、5年連続で40試合以上に登板。21年は東京五輪日本代表として金メダル獲得に貢献。1メートル85、89キロ。左投げ左打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月8日のニュース