明治安田生命 初優勝逃す…退任成島監督の花道飾れず「甘くない」

[ 2021年3月13日 05:30 ]

第75回JABA東京スポニチ大会最終日 決勝   明治安田生命0―2三菱自動車倉敷オーシャンズ ( 2021年3月12日    大田 )

<三菱自動車倉敷オーシャンズ・明治安田生命>優勝を逃し、がっくり引き揚げる明治安田生命・成島監督(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 明治安田生命は予選リーグから4試合連続で逆転勝ちしてきたが、最後に力尽きて初優勝を逃した。今月限りで退任する成島広男監督は「勝って日本選手権出場切符を残したかったけど、そんなに甘くありません」と淡々と話した。

 打率・471で首位打者賞と敢闘賞に輝いた4番・泉沢は「優勝して監督の花道をつくりたかったけど…。寂しいですね」と無念の表情。4月から同社OBの岡村憲二氏が新監督に就任する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月13日のニュース