ロッテ種市 2回で降板、5安打3失点 最速148キロ

[ 2020年6月2日 14:23 ]

<練習試合 ロ・日1>ロッテ先発の種市(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテ・種市が1日、ZOZOマリンで行われた日本ハムとの練習試合に先発し5安打3失点だった。

 最速148キロをマークしたが、初回1死から2番・大田に死球を当てると近藤、中田に連打を浴びて1点。さらに渡辺、石井にも連続適時打を浴びた。

 2回は走者を背負いながら無失点に切り抜けたが、球数が60球と膨らんだことでこの回限りで降板した。昨季8勝をマークした種市は今季ローテーションの中心として期待されている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月2日のニュース