阪神の新助っ人・ボーアが対外試合初アーチ サイレントトリートメント受ける

[ 2020年6月2日 15:32 ]

練習試合   阪神―広島 ( 2020年6月2日    甲子園 )

<練習試合 神・広>4回無死一塁、ボーアは右越え2ランを放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神の新助っ人ジャスティン・ボーア内野手(32)が2日、広島との練習試合(甲子園)で待望の一発を放った。

 0―0で迎えた4回無死一塁の第2打席。代わったばかりの藤井皓の4球目、高めストレートを豪快に振り抜くと、打球は右翼フェンスを越えて誰もいないスタンドで跳ねた。

 これが、阪神加入後、オープン戦を含む対外試合での初本塁打。ダイヤモンドを一周してベンチに帰ると、サイレントトリートメント付きの“祝福”を受け、笑顔を見せていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月2日のニュース