北海道高野連、独自大会開催へ準備「真剣勝負の場を」 7月中旬から支部大会、無観客で

[ 2020年6月2日 18:21 ]

独自大会開催に向けて準備することを明らかにした北海道高野連・遠藤会長
Photo By スポニチ

 北海道高等学校野球連盟は2日に札幌市内で会見を行い、夏の甲子園中止を踏まえた独自大会を開催する方向で準備することを発表した。北海道内10支部大会と支部代表校による南・北北海道大会を開催するとし、同連盟・遠藤直樹会長(59)は「これまでの練習の成果を発揮する真剣勝負の場を提供する」と話した。

 大会名は「令和2年夏季北海道高等学校野球大会南北海道大会」と「令和2年夏季北海道高等学校野球大会北北海道大会」。詳細日程はこれから詰めるが、支部大会は7月中旬から始め、原則土日・祝日に開催する。支部代表校を7月26日をメドに決め、8月上旬に南・北北海道大会を開催する予定。試合は全て無観客で、今後の状況次第では中止の可能性もある。なお、ベンチ入りは18人だが、1試合ごとの入れ替えを可能にするという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月2日のニュース