阪神ドラ1・西純矢 久々の実戦で同点打許す 2軍ソフトバンク戦

[ 2020年6月2日 15:23 ]

2軍練習試合   阪神―ソフトバンク ( 2020年6月2日    鳴尾浜 )

阪神・西純
Photo By スポニチ

 阪神は1点リードの8回からドラフト1位・西純矢が3月19日のオリックス戦以来の実戦マウンドに上がった。

 先頭打者の野村を高めの直球で空振り三振。続く田城には四球を与え、盗塁で1死二塁のピンチを招くと黒瀬を捕邪飛で2死までこぎつけたが、2死二塁から真砂に144キロ直球を左前に運ばれ同点に追いつかれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月2日のニュース