駒大が先勝、1部残留に王手 スタンドに中畑清氏らOBズラリ

[ 2019年11月9日 18:54 ]

東都大学野球秋季1、2部入替え戦第1日   駒大(1部6位)3―1拓大(2部1位) ( 2019年11月9日    神宮 )

 駒大が少ないチャンスをものにして先勝、1部残留に王手をかけた。

 1点を先制された駒大は3回に内野安打と敵失から1死二、三塁の好機を築き、暴投と若林楽人(3年=駒大苫小牧)の右前打で逆転。8回には2死三塁から4番・平野英丸(4年=静岡)がこの日3本目の安打を右前に放って貴重な3点目を挙げた。投げては4回から救援した竹本祐瑛(3年=八戸西)が拓大打線を2安打に封じ逃げ切った。

 駒大で唯一東都のベストナイン三塁手に選出された平野は「常に攻めの気持ちを持って打席に入りました。あすも同じように、守りに入らず攻めていこうと思ってます」と話した。スタンドには中畑清OB会長(スポニチ本紙評論家)や中日シニアディレクターを務めた森繁和氏らズラリとOBが並び、後輩の勝利に笑顔を見せていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月9日のニュース