巨人2つの“新”導入 セーフティースクイズの呼び名変更に原監督持論

[ 2019年11月9日 05:30 ]

腰にゴムチューブをつけてロングティーをする岡本(右)。後方はゴムチューブをつけてティーをする北村(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人は2つの“新”を導入した。野手陣は腰に巻いたチューブを引っ張られながらティー打撃。石井野手総合コーチは「抵抗をかけて体幹を意識しながらバットを振る」と解説した。

 また、後藤野手総合コーチの提案で、セーフティースクイズの呼び方をストライクスクイズに変更。原監督は「セーフティースクイズは言葉として弱い。スクイズは全部やらないといけないけれどセーフティースクイズは、あくまでもストライクを」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月9日のニュース