侍ジャパン・山口 大会公式球を使い49球 オーストラリア戦先発予定「勝つしかない」

[ 2019年11月9日 16:48 ]

川崎市ジャイアンツ球場での練習を終え、報道陣に対応する山口                            
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの山口が9日、川崎市ジャイアンツ球場で練習を行った。室内練習場のブルペンで「プレミア12」の大会公式球を使い49球を投げ込んだ。左右の打席に打者を立たせたり、カウントを設定するなど実戦を想定して投球練習を行い「感覚は良くなっていますし、状態は上がっている」と手応えを口にした。

 山口はスーパーラウンド初戦の11日・オーストラリア戦(ZOZOマリン)に先発する予定で、代表チームより1日早く帰国して調整に励んだ。「勝つしかない。そのためにどうやって最少失点で切り抜けられるか。先発というよりも1番手のイメージで投げる」。初回からフルスロットルで立ち向かう。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月9日のニュース