侍J サカマル好調 フリーで快音 下位打線に「もう一つのクリーンアップ」を

[ 2019年11月9日 05:30 ]

11日初戦プレミア12スーパーラウンド   日本―オーストラリア ( ZOZO )

フリー打撃する坂本勇(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 1次ラウンドB組を3戦全勝で1位突破した侍ジャパンは、11日にZOZOマリンで行われるスーパーラウンド初戦でC組2位のオーストラリアと対戦することが8日、決まった。

 前日の台湾戦で6、7番を打った坂本勇と丸は、この日のフリー打撃でも同じ組で快音を響かせた。稲葉監督は巨人での2、3番と同じ並びで、下位打線に「もう一つのクリーンアップ」をつくりたい意向。丸は「巨人でもずっと組んでいるし、(前の打者の)勇人さんの反応で“投手の球が速そうだ”とか見ていて分かるので」。初対戦の相手がほとんどの国際大会。スーパーラウンドの主舞台・東京ドームでも「サカマル効果」が期待できそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月9日のニュース