オリ佐野 10年ぶり“欠番”41背負う 4度目の背番変更「自分の番号にしていけたらな…と思う」

[ 2019年11月9日 05:30 ]

契約更改したオリックスの佐野
Photo By スポニチ

 オリックスは佐野皓大外野手(23)の背番号を来季から「41」に変更することを発表した。小瀬浩之外野手が10年2月5日にキャンプ地・宮古島で転落死して以降は空き番で、来季10年ぶりの復活が決まった。

 佐野は5年目の今季チーム随一の俊足を生かして68試合に出場し、来季飛躍を期待される一人だ。球団から複数候補を提示され、経緯も聞いた上で「41」を選択。入団以来5つ目の背番号で「今後、自分の番号にしていけたらな…と思う」と固い決意を示した。

 森川秀樹球団本部長も「本人がいいというので了承した。いつまでも欠番になっているよりはいいと思う。前向きに付けていきたいという意志は尊重したい」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月9日のニュース