1次R唯一出番なし 侍J・田口、シート打撃で好アピール「良い緊張感の中で集中してやれた」

[ 2019年11月9日 05:30 ]

11日初戦プレミア12スーパーラウンド   日本―オーストラリア ( ZOZO )

フリー打撃で打撃投手を務める田口(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 1次ラウンドB組を3戦全勝で1位突破した侍ジャパンは、11日にZOZOマリンで行われるスーパーラウンド初戦でC組2位のオーストラリアと対戦することが8日、決まった。

 1次ラウンドで唯一、出場機会がなかった左腕・田口がシート打撃に登板した。甲斐、周東、外崎を相手に計9度対戦し、周東の左中間二塁打を含む被安打2だった。救援で1回無失点だった10月31日の強化試合カナダ戦以来、実戦から離れているだけに「打者と対戦できて良い緊張感の中で集中してやれました」と順調な調整を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月9日のニュース