DeNA3位 明大・伊勢、背番13に決定「“右の13なら伊勢”と言われるような選手に」

[ 2019年11月9日 05:30 ]

背番号「13」に決まった伊勢(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAからドラフト3位で指名された明大・伊勢が横浜市内の上海料理の老舗「状元樓本店」で入団交渉に臨み、契約金6000万円、年俸1000万円で仮契約した。

 中華街のど真ん中で新たな一歩を踏みだし「この道を歩いて“これが中華街か”と思いました。こういう店には来たことがないので新鮮というか…」と初々しさをのぞかせた。背番号は「13」に決まった最速151キロ右腕は「“右の13なら伊勢”と言われるような選手になっていきたい。力で押すのが一つの特長なので、リリーフとしてやっていきたい」と目を輝かせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月9日のニュース