中日・梅津が連日のブルペン入り 左膝の違和感で別メニューも「全然大丈夫です」

[ 2019年11月9日 15:37 ]

中日秋季キャンプ ( 2019年11月9日 )

室内練習場のブルペンで投球練習する梅津
Photo By スポニチ

 左膝の違和感のためナゴヤ球場で別メニュー調整となっている梅津晃大投手(23)が連日のブルペン入り。前日は2週間ぶりの投球練習で立ち投げで60球を投じ、この日は80球。最後の10球は捕手を座らせた。

 「自分は軽く投げられる投手じゃない。入り始めですけど、体を目いっぱい使って投げました。(左膝も)全然大丈夫です」と患部は回復に向かっており、見守った仁村徹2軍監督も「だいぶよくなってきてる」と一安心だ。梅津は「思ったよりシーズン中に脂肪がついていた。大きくするだけじゃなく、質のいい体にしたい」と1シーズンを戦える体に改造する意向を明かした。

 また、今季自ら指導を仰いだ松坂の古巣西武復帰が濃厚となったことに「うれしい。いつか投げ合える日が来れば」と喜んでいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月9日のニュース