中京大中京 11年ぶり10回目の秋季V 攻守に活躍の印出主将 神宮大会制覇誓う

[ 2019年11月3日 15:08 ]

第72回秋季東海地区高校野球大会 決勝   中京大中京9―6県岐阜商 ( 2019年11月3日    長良川 )

<県岐阜商・中京大中京>神宮大会へ意気込む中京大中京主将の印出太一(左)、高橋宏斗
Photo By スポニチ

 中京大中京(愛知1位)が県岐阜商(岐阜1位)を下し、11年ぶり10回目の秋季大会優勝を果たした。

 黄金世代の再来だ。堂林翔太(現広島)を擁した08年以来の神宮切符に、「4番捕手」で初回1死一、三塁から先制打を放った主将の印出太一(2年)は「夏に負けてから、神宮大会制覇とずっと口にして意識してきた。絶対に優勝します」と高らかに宣言した。

 この日は初回の1安打のみで5打数1安打だったが、愛知大会では打率5割超えと格の違いを見せつけた。二塁への送球到達タイム1・8~1・9秒と強肩ももちろん武器だが「頭が一番自信がある」と頭脳派な側面も持つ。クラスでもテストの成績は常にトップ5は維持。「バッターが考えることを考えるのが好き」と、観察力も備えている。

 6回から救援し、4回4失点だったエース右腕の高橋宏斗(2年)にインコースを要求し続けたのも、意図があってのこと。「調子が悪くても抑えるのがエース。厳しいところにいかないと、全国では打たれる」と、常に先を見据えている。高橋宏は前日も8回5失点と不調で「調子が悪い中での修正力が課題」と厳しい表情だったが、自己最速にあと1キロと迫る147キロをマーク。09年夏に全国制覇した“堂林世代”も堂林、磯村とバッテリーに絶対的な柱がいた。神宮大会を勝ち抜き、チームとしてさらにレベルアップする。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月3日のニュース