日本生命・阿部8回零封 体の切れ意識「ふがいない投球はできない」

[ 2019年11月3日 05:30 ]

第45回社会人野球日本選手権 準々決勝   日本生命2-0ヤマハ ( 2019年11月2日    京セラドーム )

日本生命・先発の阿部
Photo By スポニチ

 日本生命は、2大会ぶりの4強入りを決めた。初戦・東京ガス戦で3回2失点と精彩を欠いた先発・阿部が本来の姿を取り戻し、8回5安打無失点と勝利をたぐり寄せた。

 前回登板後は走り込みにウエートを置き、体の切れを出したことが好結果につながった。主戦右腕は「(3回戦の高橋拓の完封を見て)ふがいない投球はできないと思っていました」と汗を拭った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月3日のニュース