ヤクルト・石川 2500万円減でサイン「まだまだ若い人に負けるつもりはない」

[ 2018年12月19日 16:47 ]

契約を更改し会見に臨む石川(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの石川雅規投手(38)が19日、東京都港区の球団事務所で契約更改交渉に臨み、2500万円減の来季年俸9500万円で更改した。

 今季は22試合に登板し、7勝6敗、防御率4・88の成績だった。

 「もうトレーニングは始めていますが、契約を終え、より一層身が引き締まる思いです。来季こそ自分のポジションをつかみ取らないといけない立場」

 来年1月に39歳となるベテラン左腕は、厳しい表情で自らに言い聞かせるようだった。先発ローテーションで回ったが、110回2/3と規定投球回(143回)には届かなかった。

 「先発していても規定(投球回)にいかないと意味がないと思っている。(目標は)何勝よりも、規定にいきたいですね。いけば数字はついてくる」と15年以来、自身4年ぶりとなる規定投球回到達をノルマに掲げた。

 日米通算記録(中日・松坂、巨人・岩隈の170勝、ヤンキース・田中の163勝)を除けば、NPB通算163勝は現役最多に立つ。

 「まだまだ若い人に負けるつもりはない。そこは何とか踏ん張っていきたい。1年でも長くやりたいし、そのためにも結果を残さないといけない」と精かんな表情を崩さず、語気を強めた。(金額は推定)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月19日のニュース