ソフトB石川 2倍増6000万円プラス出来高払いでサイン 先発&中継の両立「評価してもらえた」

[ 2018年12月19日 19:02 ]

倍増プラス出来高で大幅アップに笑顔を見せる石川(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの石川柊太投手(26)が19日、ヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、2倍増の年俸6000万円プラス出来高払いでサインした。複数年契約やFA権を持たない選手で「出来高払い」はあまりない事例だが、先発・中継ぎとフル回転し、勝ち取った。

 「しっかり評価してもらった。(先発と中継ぎを)両立したことを評価してもらえた」

 今季は自己最多となる42試合に登板し、13勝6敗、防御率3・60。開幕は中継ぎスタートだったが、先発で7勝。後半戦は再び救援陣に加わり、結果的に千賀と並ぶチーム最多の13勝を挙げた。CSでも第2先発として存在感を示したが、右肘痛で日本シリーズは第1戦のみの登板に止まり、初選出されていた侍ジャパンも辞退した。

 昨年は年俸500万円から6倍となる3000万円で契約を更改(アップ率は球団史上最高の500%増)。今年も倍増とし、「今、考えると信じられない。夢がある。やった分だけ返ってくる」と満面の笑みを浮かべた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月19日のニュース