高梨、1日1本ヤクルトで快腸!日本ハムからトレード「2桁勝つ」

[ 2018年12月19日 05:30 ]

ユニホーム姿でヤクルトを飲み干す太田健吾(左)と高梨裕稔(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 身も心も「ヤクルト色」だ。日本ハムからトレード移籍したヤクルト・高梨が18日、都内の球団事務所で太田とともに入団会見を行った。

 「先発ローテーションに入って一年間守り、2桁勝てるように頑張りたい」。力強く宣言すると、カメラマンの要求に応じて笑顔でヤクルトを飲んだ。が、実はこの日2本目。「(トレードが)決まってから、早くヤクルトの一員になりたいので気持ちから入ろうと思って飲んでいます。まずは会社に貢献しようと。今朝も飲みましたよ」と笑顔で明かした。

 移籍が決まって1週間ほど。一日1本のヤクルト生活に「腸の調子はいいです。お腹が弱いので調子を整えられれば」と体は絶好調だ。背番号は14に決定。神宮球場を目指しながら届かなかった山梨学院大時代に初めてもらった思い出の番号だ。「この番号で神宮で投げるとは縁を感じる。10番台の期待に応えられるように」と本拠地のマウンドに思いを馳せた。

 16年に10勝を挙げ新人王に輝きながら、今季は5勝止まり。「(トレードは)僕としてはチャンス。新たな気持ちで投げられるとプラスに考えています」。かつて憧れた場所で、ヤクルト・高梨の物語が始まる。(町田 利衣)

 《太田「青木さんに話聞く」》背番号46に決まった太田は「100試合以上出られるように頑張りたい」と目標を掲げた。小川監督からの「西浦を脅かす存在の選手に」というメッセージを伝え聞き「ショートをずっとやってきたので、そこで勝負したい。青木さんや坂口さんといういい左打者がいらっしゃるので、打撃の話を聞きたい」と目を輝かせた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月19日のニュース