中日・山本拓が台湾WL帰国報告 オフは“才木の言葉”で成長へ

[ 2018年12月19日 05:30 ]

 台湾ウインターリーグに参加していた中日・山本拓が18日に名古屋市内の球団事務所を訪れ、帰国を報告した。9試合に救援登板して1勝1セーブ1ホールド、防御率2・31。飛躍の足掛かりをつかみ、今月下旬から大阪府内で行う自主トレで阪神・才木の助言を仰いでレベルアップすることを誓った。

 「才木さんが行っているトレーニング施設で僕も練習します。同じ兵庫の公立出身で、どういう心持ちなのかなど聞いてみたい」

 才木は須磨翔風から16年ドラフト3位で阪神入りし、2年目の今季は22試合で6勝10敗、防御率4・61の成績を残して1軍定着へ土台を築いた。1歳下の山本拓も市西宮から17年ドラフト6位で入団。昨冬に同施設で対面しており、飛躍を誓う右腕にとって同郷の先輩の助言はプラスになるはず。「いろいろ聞いてみたいです」と力を込めた。

 ≪高松も帰国報告≫ 高松も台湾からの帰国報告に訪れ、根尾加入で競争激化が予想される二遊間争いへ「全員に勝たないと試合に出られない。やることは変わらない」と意気込んだ。ウインターリーグでは荒木2軍内野守備走塁コーチから贈られたスパイク着用で内野安打を量産するなど打率・303、2盗塁。「しっかり地面を蹴ることができた」と手応えを深めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月19日のニュース