巨人・岡本 球団史上最高567%増の年俸8000万円でサイン「全部貯金します」

[ 2018年12月19日 15:03 ]

大幅アップで契約を更改し笑顔の岡本(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 巨人・岡本和真内野手(22)が19日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1200万円から球団史上最高となるアップ率567%、6800万円アップの年俸8000万円でサイン。「すごく最大限の評価をしていただいた。税金関係なく全部貯金します」と笑顔で話した。

 昨季までの3年間は打率・188、1本塁打、6打点だったが、才能は一気に開花した。プロ4年目の今季は6月2日から4番に座り、チームで唯一全試合に出場。「1年間1軍で戦ったことがなかったので、一生懸命がむしゃらに、1年間食らいついていこうとした」と振り返った。

 今季は史上最年少22歳で「3割30本塁打100打点」を達成。来季の目標には「個人的には40本塁打、120打点。しっかり優勝、日本一に向けて勝負所で打てるようにしたい」と掲げた。(金額は推定)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月19日のニュース