西武・外崎、来季は二塁で「準備」楽天移籍・浅村の穴埋めへ

[ 2018年12月19日 05:30 ]

ハワイで、沖縄限定の「パイナップル・パン〜チ」のパフォーマンスがひらめき、パイナップルのぬいぐるみでポーズを取る西武・外崎
Photo By スポニチ

 西武のハワイ優勝旅行に参加する外崎が17日(日本時間18日)、浅村の楽天へのFA移籍で空く二塁に回る準備へ意欲を燃やした。

 「内野をやる覚悟を持っていこうと思っている。(キャンプは)内野の準備から始めるつもりです」。契約更改では「方向性が知りたい」とチーム方針を気にしていた。ただ、辻監督は「新人の山野辺(ドラフト3位、三菱自動車岡崎)がどのくらいできるか。(二塁手は)オープン戦まで見ないと決められない」と説明。外崎もチーム状況を理解した上で準備を進める。

 人生初のハワイでは豊かな自然などに感動。特産物の果物に感化され、打った際の代名詞の「アップルパンチ!」を限定的に「パイナップルパンチ!」にするプランを示した。 (ホノルル・春川 英樹)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月19日のニュース