“日本人最長身左腕”楽天ドラ4弓削、石井GMに弟子入り志願

[ 2018年11月1日 05:30 ]

指名あいさつ後、記念撮影をする(左から)沖原佳典スカウト、弓削、長島哲郎スカウト部長
Photo By スポニチ

 楽天のドラフト4位・弓削(ゆげ、SUBARU)が群馬県太田市の同社で、長島哲郎スカウト部長らから指名あいさつを受け、石井一久GMへの「弟子入り」を志願した。1メートル93の長身と、スリークオーターの投法から「和製ランディ・ジョンソン」と呼ばれる左腕は「1年目から先発ローテーションに入っていけるように。勝てる投手になりたい」と意気込んだ。

 入団が決まれば、日本人左腕では球界最長身となる。食事の量も「人一倍食べます」という大食漢は「石井さんは小さい頃から見ていた。こういう投手になれたらと思っていた。いろいろと教えていただければ」と同じ左腕で日米通算182勝を挙げたGMの教えでさらなる成長を遂げ「東北のビッグユニット」になる。 (黒野 有仁)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月1日のニュース