×

広島・玉木コーチ 初回の本塁憤死悔やむ「判断ミスだった」

[ 2018年11月1日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2018第4戦   広島1―4ソフトバンク ( 2018年10月31日    ヤフオクD )

<ソ・広>初回1死一塁、丸の二塁打で本塁を狙った一走・菊池は本塁憤死(捕手・甲斐)(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 三塁コーチャーズボックスに入る広島の玉木内野守備走塁コーチが初回の本塁憤死を悔やんだ。

 丸の二塁打で菊池に突入を指示。相手の中継プレーに阻まれ、「判断ミスだった。選手に申し訳ない」とこうべを垂れた。次打者は好調の4番・鈴木だっただけに痛い逸機になった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2018年11月1日のニュース