広島・菊池 自打球で途中交代 緒方監督「痛そうにしていた」

[ 2018年11月1日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2018第4戦   広島1―4ソフトバンク ( 2018年10月31日    ヤフオクD )

<ソ・広>初回1死一塁、丸の二塁打で本塁を狙った一走・菊池は本塁憤死(捕手・甲斐)(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 広島・菊池が8回の守備から途中交代した。8回表の打席で自打球が右足に当たり大事を取った。

 緒方監督は「ちょっと痛そうにしていたからね」と説明した。この日は初回に左前打を放ったが、残りの3打席は凡退に倒れていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月1日のニュース