ヤンキース ベテラン外野手ガードナーが残留 来季の契約合意

[ 2018年11月1日 08:49 ]

ヤンキースのブレッド・ガードナー外野手(AP)
Photo By AP

 ヤンキースは31日、ブレッド・ガードナー外野手(35)と来季の契約に合意した。来季の契約は1250万ドル(約14億円)の球団オプションだったが、これが破棄され、新たに750万ドルでの契約、さらにオプション破棄の違約金200万ドルがプラスされ、来季にガードナーは950万ドル(約10億7000万円)を手にする。

 ガードナーは2008年の大リーグデビューからヤンキース一筋。11年目の今季は140試合に出場して打率2割3分6厘、12本塁打、45打点という成績だった。打率は大リーグ定着後の09年以降ではワースト。もはやレギュラー外野手ではなくなったが、走塁と守備での貢献度は高かった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月1日のニュース