ギータ 折れたバットでサヨナラ弾「いやー初めての経験」

[ 2018年11月1日 23:37 ]

SMBC日本シリーズ2018第5戦   ソフトバンク5―4広島 ( 2018年11月1日    ヤフオクD )

<ソ・広>延長10回無死、右越えサヨナラ本塁打を放ちナインの出迎えを受ける柳田(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手(30)が自身初の日本シリーズ本塁打となるサヨナラ弾で、日本シリーズ2連覇に王手をかけた。

 延長10回、先頭で6番手・中崎から右翼のテラス席に運んだ。「バット折れてたんで。うわー折れたと思ったけど、テラスに入ったんでびっくりしました。いやー初めての経験。凄いうれしいです」と振り返った。

 3連勝で王手をかけ、3日から敵地・広島での戦いに臨む。広島出身の柳田にはこれ以上ない舞台となり「あと一つです」と頂点を見据えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月1日のニュース