首位・広島、中日下しM22!大瀬良14勝目&丸29号逆転3ラン

[ 2018年8月25日 21:01 ]

セ・リーグ   広島6―2中日 ( 2018年8月25日    マツダ )

先発の大瀬良(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 広島が中日を下し、優勝へのマジックナンバーを22に減らした。

 1点を追う初回、無死一、三塁から丸が29号3ランを放ち逆転。2回には1死三塁から大瀬良が自身を援護する適時打で1点を加えた。5回にはバティスタの20号ソロ、7回には鈴木が25号ソロを放ち、6―2とリードを広げた。

 先発の大瀬良は7回を投げ2失点で14勝、プロ通算40勝目。後をフランスア、中崎とつないでリードを守った。

 中日はこの日初回に平田の7号先頭打者弾で先制、6回にはビシエドの20号ソロが出たが打線が繋がらず2連敗を喫した。先発の大野は今季3敗目。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年8月25日のニュース