ヤクルト小川 200万円増で更改「若い投手を引っ張っていきたい」

[ 2017年12月18日 17:47 ]

契約更改を終えたヤクルトの小川
Photo By スポニチ

 ヤクルトの小川が18日、都内の球団事務所で契約交渉に臨み、200万円増の年俸9000万円で更改した。

 今季は昨季まで3年連続で務めていた開幕投手こそのがしたが、22試合で8勝7敗、防御率2・83。シーズン終盤に右肘の疲労骨折で離脱したが、チーム事情で一時は抑えを務めるなど、奮闘する姿を見せた。

 「内容を評価してもらえた」と交渉を振り返り、6年目の来季に向けては「一年間、軸として回ることが大事。毎試合、7回以上を投げられるように、粘りのある投球をしたい。若い投手を引っ張っていきたい」と意気込んだ。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年12月18日のニュース