佑ちゃんがカラオケで「斎藤さんだぞ」…選手の素顔が見られる機会を大切に

[ 2017年12月18日 10:00 ]

イベントで熱唱する日本ハム・斎藤
Photo By スポニチ

 オフも野球選手は忙しい。来季に向けたトレーニングの合間に、表彰式だけではなく、トークショーや野球教室、ファンミーティングなど、さまざまなイベントに参加する。一年間、応援してくれた方々への感謝の意味もあるだろうが、シーズン中とは違うユニークな表情を見せる選手も多いから、見ているとなかなか興味深い。

 12月上旬に都内のホテルで開催された日本ハムのファンミーティングには、斎藤、新垣が出席。新垣がトナカイの着ぐるみで登場して沸かせれば、モノマネが得意な新垣に背中を押され、斎藤も歌手・桑田佳祐の「白い恋人達」を熱唱。人気お笑いコンビ「トレンディエンジェル」のギャグ「斎藤さんだぞ」も披露して会場を沸かせていた。

 こんな話も明かしていた。今回の都内のイベントには元気に参加していた新垣。だが、11月下旬は、応援大使を務める北海道月形町に大リーグ・エンゼルス移籍が決まった大谷と訪問予定だった。しかし、急性結膜炎になったため急きょキャンセル。大谷一人にしてしまった。無料通話アプリ「LINE」で後輩に「すまん!」謝罪したところ、「お礼の言葉はいらない」と“金品”を要求?されたという。野球の話はもちろんだが、仲のいい二人だからこそのやりとりを聞き、ファンの人たちも喜んでいたように見えた。

 私が子どもの頃は、プロ野球選手をこんなに身近に感じられる機会が少なかったように思う。今の時代がうらやましくも感じる。グラウンドでしっかりプレーすることは大前提。だが、意外な素顔も見ることができるオフ。これからも貴重な機会を大切にしてほしいと思った。(記者コラム・細川 真里)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年12月18日のニュース