サバシア ヤンキース残留 大谷のエンゼルス交渉も実らず

[ 2017年12月18日 05:30 ]

ヤンキースと再契約したCCサバシア(AP)
Photo By AP

 ヤンキースが、FAになっていたCCサバシア投手(37)と年俸1000万ドル(約11億2000万円)の1年契約で再契約に合意したと16日(日本時間17日)、球団公式サイトが伝えた。

 大谷を獲得したエンゼルスも交渉に参戦したが通算237勝左腕は残留を決断。代理人は「彼はやり残した仕事があると感じている。複数のオファーが届いたがヤ軍で世界一になることを望んだ」と話した。サバシアは今季チーム最多タイの14勝を挙げて同僚の田中とともにプレーオフ進出に貢献した。ヤ軍は今オフ、ナ・リーグ2冠王スタントンを獲得したが、米メディアはパイレーツのエース右腕コールのトレードでの獲得も狙っていると報道。09年以来の世界一へ補強はまだ続く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年12月18日のニュース