侍・稲葉監督 ハム時代の後輩・大谷に「世界一目指せ」

[ 2017年12月11日 05:30 ]

バットを持って見本を示す侍ジャパン・稲葉監督
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの稲葉監督が、エンゼルス入りした大谷に「世界一になれ」とエールを送った。建山投手コーチとともに、さいたま市内で日本通運野球部との合同野球教室に参加。日本ハムで13年から2年間、大谷と同僚だった指揮官は入団会見の中継を見守り、「ユニホームが似合ってない。見慣れないからね」と笑いを誘いながら、「新しいチャレンジの始まり。楽しんで世界一になってほしい」とワールドシリーズ制覇に期待を寄せた。

 20年の東京五輪で指揮を執るが、MLB所属選手の出場は不透明。それでも「当然出てほしい。どうなるか分からないが、テレビでも(活躍を)見守っていきたい」と改めて、大谷の代表招集を強く希望した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年12月11日のニュース