“二刀流”に縁ある背番「17」アースタッドが内外野でGG賞

[ 2017年12月11日 05:30 ]

大谷のユニフォーム
Photo By スポニチ

 エンゼルスの背番号17と言えば、96〜06年に活躍したダリン・アースタッドが有名だ。00年には1番打者として、両リーグ最多240安打を記録するなど、球宴に2度出場。95年ドラフトで全体1番指名を受けたが、ネブラスカ大時代はフットボールとの二刀流で、全米屈指の強豪チームのキッカーを務めた。

 身体能力を生かした華麗な守備が特長で、大リーグ史上初めて外野と内野でゴールドグラブ賞を獲得しており、「二刀流」に縁がある番号だ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年12月11日のニュース