中日ドラ1鈴木 入団決定「再び投手王国と呼ばれるような活躍を」

[ 2017年11月19日 19:22 ]

中日への入団が決まり、笑顔でポーズをとるドラフト1位の鈴木博志投手(中央)
Photo By 共同

 中日がドラフト1位指名したヤマハの鈴木博志投手(20)=181センチ、95キロ、右投げ右打ち=の入団が19日、決まった。浜松市内で交渉し、契約金1億円プラス出来高払い5千万円、年俸1500万円で合意した。「中日が再び投手王国と呼ばれるような活躍をしたい」と意気込んだ。

 最速157キロの速球を最大の武器とする本格派として期待される。「これからさらに体を大きくし、球速160キロ超えを目指したい」と落ち着いた様子で抱負を話した。中日の中田宗男スカウト部長は「このままいけば必ずプロ野球を代表する投手になる。地に足つけて頑張ってほしい」と語った。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月19日のニュース