外崎が先制ソロ、3安打2打点 大歓声に「夢のよう」

[ 2017年11月19日 05:30 ]

アジアチャンピオンS予選リーグ   日本8―2台湾 ( 2017年11月18日    東京ドーム )

2回2死、外崎が右越えにホームランを放ち桑原が後ろ前にかぶせたヘルメットをかぶって出迎えを受ける
Photo By スポニチ

 外崎が先制ソロを含む3安打2打点の大暴れ。0―0の2回2死から直球を逆方向の右翼席へ叩き込み「夢のよう」と大歓声に迎えられてホームインした。中前打で出塁した5回には三盗成功。チームはこの回3盗塁を絡めて2点を挙げた。打線を活性化した6番打者は、9回2死二塁では左翼線二塁打で8点目を叩き出した。

 「本塁打はたまたま。チャンスメークの気持ちで打った」と自分らしさを忘れない。初戦の韓国戦に続いて左翼で先発したが、8回からは三塁の守備にも就いた。西武でも内外野を守るユーティリティー選手。「何でもできるというところをアピールできた」と頬を緩めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年11月19日のニュース