稲葉J また外崎2打席連続適時打 西川2点打で続き4―0に

[ 2017年11月19日 20:29 ]

アジアチャンピオンシップ2017決勝   日本―韓国 ( 2017年11月19日    東京ドーム )

<日本・韓国>5回1死満塁、左前適時打を放つ外崎
Photo By スポニチ

 日本は1点リードの5回にも外崎修汰内野手(24=西武)の2打席連続となる適時打と西川龍馬内野手(22=広島)の2点二塁打で3点を追加。4―0とした。

 4回に先制適時打の外崎は、5回にも1死満塁の好機に2打席連続となる適時打を左前へ。さらに西川の右中間2点二塁打で、日本は4―0とリードを広げた。

 ▽出場資格 24歳以下またはプロ入り3年目以内。オーバーエージ枠は3人まで。

 ▽西川の話 前の打席はチャンスで打てなかったので、今後こそはという気持ちで打席に入って打つことができた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2017年11月19日のニュース