ラミレス監督、来季開幕争い浜ちゃんに「5キロシェイプして」

[ 2017年11月19日 09:02 ]

DeNA・浜口はブルペンで投球練習を行う
Photo By スポニチ

 DeNA・ラミレス監督が奄美大島秋季キャンプで来季開幕投手の構想を思い描いた。「石田、今永、ウィーランド、そして浜口。4人で争ってもらいたい」。続けた言葉は新人で唯一キャンプに参加する左腕への期待だ。「浜口はここで勝たないといけないという試合に勝つ勝負強さがあった。エース投手を目指して頑張ってもらいたい」と話した。

 1年目から10勝、日本シリーズでも0勝3敗で迎えた第4戦で7回2/3を封じて逆襲の1勝をもたらし、実力は掛け値なし。指揮官はただ一つ、注文をつけた。「5キロシェイプしてほしい。その方が強い体になってスタミナもつく」。来春キャンプまでの減量指令だ。

 入団時は体重80キロ。トレーニングなどの成果もあり88キロに増えた。体の切れを向上させるべく、本人も「炭水化物を少なくして、脂ものの少ない食事にする」と意欲的だ。「10勝は最低ライン。チームを引っ張っていける投手になりたい」。減量し、開幕マウンドを狙う。 (中村 文香)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年11月19日のニュース